様々なハーブティーの種類

ハーブティーとは

ハーブとは、エルバという草を意味するラテン語が語源です。ハーブの歴史は紀元前3500年頃のメソポタミア文明まで遡り、呪術的な治療法で使用していました。古代ギリシャの医者は、数千種ものハーブの治療方法を書き残していたようです。大航海時代なって、アジアやアメリカ大陸でもハーブが利用されるようになりました。ハーブティーは、新鮮なハーブのまたは乾燥させたハーブの葉や花や地上部を用いて作ります。作り方は普通のお茶と同様で、乾燥させたハーブなら小さじ1杯分、新鮮なハーブなら小さじ2杯分をティーポットに入れ、カップ1杯の沸騰しているお湯を注いで、10分~15分そのまま置き、成分を抽出させてから出来上がりです。標準的な容量は、カップ1杯のお湯に対して、ハーブを小さじ3杯分用いて作ったハーブティーを1日3回服用します。ハーブは、身体の化学と生理学的に相互作用をして肉体的なレベルで作用し、美容なレベルでも働き、精神的な閉塞を取り除いて心と身体のバランスを回復させる効果があります。ハーブを用いることで、健康を増進させることができます。ハーブには各種のビタミンやミネラルが含まれており、感染症から私たちを守り、消化を促進させます。ストレスのもとにあるときや病気に襲われやすい時に身体を支えるために予防的に摂取することができます。また、身体の中に蓄積された毒素を身体から除去するために酷使している肝臓を修復させるためにも用いることができ、病気が生じたときでも、ハーブを用いれば治療の第一線としても有効になります。

☆オススメサイト☆
ハリとツヤがよみがえる、アンチエイジングの施術を行う美容外科のサイトです⇒ ⇒ 美容外科

Copyright © 2013 様々なハーブティーの種類 All Rights Reserved.